太陽電池セルとは光エネルギーを直接電力に変換する電力機器のことで太陽電離そのものを言い、1番小さな単位です。
光電池とも呼ばれていますが、電池のように内部に電気をためておくことは出来ません。
太陽電池セルを複数枚組み合わせて屋外で使用可能なよう強化ガラスで覆った上で板状にしたものを太陽電池モジュールと言い、太陽の光エネルギーを直接電気に返還することが出来る装置です。
そしてモジュールを複数枚並べて接続したものをアレイといいます。
つまりアレイ>モジュール>セルの順に大きくなるということになります。
太陽電池セルはシリコン系の半導体などで構成されており、光エネルギーがあたることで電気が生み出されているのです。
太陽電池セルはn型とp型と呼ばれるシリコンが重なっており、光が当たるとn型シリコンにマイナス電子が、p型シリコンにプラスの電子が生み出されます。
そしてそられの電子が半導体の表面にある電極へと移動し、その移動過程で電気エネルギーが創りだされています。
日照量が強くなるほどより多くの電気エネルギーを生み出すことが出来ます。興味がある人はコチラへ