太陽電池モジュールとは太陽電池セルを一枚の板状にしたものを言います。
太陽光発電システムにおいて最少の単位として用いられています。
因みに太陽電池モジュールを複数枚組み合わせたものを太陽電池アレイと言います。
太陽光発電システムは、このモジュールを使用して発電が行なわれます。
太陽電池モジュールに光が当たることで電気エネルギーを生み出すことが出来ます。
モジュールは主に低コストかつ耐久性が高いシリコン系で構成されており、n型とp型のシリコン同士が組み合わさり、この半導体に光が照射されるとマイナスとプラスの電子がそれぞれ生み出されます。
そうして生み出された電子は半導体の表面の電極をつたって回路へと周りその移動する過程で電気エネルギーが作られます。
ですから光が強ければそれだけマイナスとプラスの電子が多く生み出され沢山の電気エネルギーを作ることが出来るというわけです。
モジュールで発電した電気エネルギーを使用したり電力会社に売電するには専用の機器を揃えないといけません。
太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する際の割合を変換効率といい、モジュール1平方メートルあたりの変換効率をモジュール変換効率といいます。42円はココ