よくエアコンの節電には扇風機とのダブル使いが良い!と耳にしますが、併用して使って電気代は逆に高くならないのか?
と疑問に思ったことはないですか?

扇風機はエアコンと違い周りの温度を下げるというよりも、涼しい風を送り体感温度を下げるので、使用するメーカー、
扇風機の強さにもよりますがだいたい12時間付けたままでも約12円と低コストに抑えることが出来ます。

電気代が安い扇風機で、エアコンを付けなくても涼しくなる方法があります。扇風機の前にペットボトルで
凍らした水を置いておくとそれが溶けて蒸発した時に、まるでエアコンを入れたみたいに涼しい風になります。
また部屋の中を早く涼しくさせたい場合などは窓を開けて外側に扇風機をわざと向けることによって、室内の空気の流れが
変わり、室内の暑い空気が外へ、外の冷たい空気が室内に入ってくるので、部屋の換気も含めて一度試してみるのも
良さそうです。

夏以外に冬にもエアコンのお手伝いとして使える扇風機ですが、その他にもいろいろな事に使えます。
例えば、お風呂上がりの湿った空気に扇風機を使うと、室内に空気を入れ込むことで加湿器となりますし、
洗濯物を早く乾かしたい場合などにも風を当てることによって乾燥機として
使用可能です。

しかし、家に誰もいない状態で扇風機を回していると、回転部分は熱を持って動かしているので、
毎日長時間使用していると劣化し、異常加熱を起こして発火や焼損の可能性もあるので、誰も家にいない
長時間の外出は避けた方がいいかもしれません。更にやはり扇風機にもホコリなどが付いてしまうのでこまめな掃除を心がける
ことで壊れにくく長く使用出来ます。

扇風機は長時間使っても電気代がそこまで高くならないので、いろいろな物に代用して使用していけば、上手に節約
していけるのではないでしょうか。

気になる人はコチラから